幼少期より踊り・自然に親しみ、日本古来の表現を追求した結果、舞に行き着く。現在では舞台ソロ出演を叶えるに至る。

東泉 沙也夏

物語

美大を卒業後、企業戦士として猛烈な日々を過ごす。
心身疲弊しきった時に観音舞に出会い、
この世界と自身の命の美しさ、その光に出会い直す。

どんなことを大事に舞い、お伝えをし、道を歩んでいるか

自身の舞の道においては

「本質」の探求
「思いこみ」の手放し
「人は自然物」であること
「もう知っている」こと

を大切にしながら修練を続け分かち合っている。

主催している分かち合い会

東京では
国立、池袋でのお寺の他
初の男性限定「猿田彦クラス」を主催。

また、現在2拠点生活中の
淡路島にて「淡路・国生みクラス」を立ち上げる。

  • 個人稽古
  • グループ稽古(新規受付なし)
  • オンライン稽古(新規受付あり)

等のお稽古情報はこちらよりご確認ください。

経歴

2014年 秋  舞の道へ

2015年 8月 観音舞初舞台 葉月の会
2016年 6月 バレエアーティスト 緑間玲貴氏主催「トコイリヤvol.3」
7月 フランス 舞公演
9月 東京サントリーホール30周年記念事業「祝水-はふりのみず-」
2017年 10月 「トコイリヤvol.4」
2018年 4月 日本舞踊家 尾上博美氏 共同主催 「うつやか」
7月 リトアニア 舞公演
9月 淡路市・兵庫県公演「淡路奉納舞台秋分祭」

他、全国寺社仏閣での奉納やイベントなどに参加